大型パーキング看板のサイズの基準と決め方

視認距離が重要なポイントです

大型パーキング看板を設置する場合、パーキング看板までの視認距離について把握しなければいけません。
文字のサイズを決めるポイントは距離感で、設置する大型パーキング看板とクライアントや通行人との距離に対応した、最適なサイズを選択することによって視認性の高いものを設置することが可能です。
遠くからでも見てもらうなら、小さい文字では見えません。
しかし必要以上に大きなサイズにしても、かえって見づらくなるでしょう。
屋外の場合は夜になると暗くなるので文字が見づらくなり、雨の日や強い日差しの時も視界が悪くなり大型パーキング看板の視認性が変わるような要素がいろいろあります。
明かりがつく大型パーキング看板があり、そのような場合は看板のレイアウトや色などを含めて、視認性を確保できるサイズが重要です。

設置する大型パーキング看板までの視認距離について、理解することがポイントになるのです。
きれいに作った看板が小さく見えないケースが起こらないよう注意しましょう。

距離に応じて最適なサイズがあります

距離毎の最適な文字サイズが重要で、ガイドラインによると視力が0.5を想定しておき、一定距離を離れた場所から文字を視認できるかにより、必要な大きさを定義付けしています。
近い場所から長い場所まで看板から離れる毎に、どの程度大きくするのが良いか把握することが可能です。
例えば視距離が遠い40mの場合、案内用図記号の基準枠寸法は480mm以上になります。

標識における通行人や利用者などが判断できる適切な大きさについて、距離別に纏めたデータを参考すると良いでしょう。
距離に応じた文字サイズが分かると、後は看板を選択するだけです。
設置される看板がスタンドの場合、利用者は近い場所から確認することができます。
袖看板やのぼり旗を利用する人もいますが、大型パーキング看板を作成するなら、通行人以外に車の運転手にも目立つようにしたいものです。
遠い場所のイメージで設置するような看板に応じて、適切な文字サイズを選択することをおすすめします。

まとめ

大型パーキング看板を作成する場合、サイズに応じて最適な大きさがあります。
看板を作成するのに視認距離が重要なポイントになり、通行人や利用者との距離に応じた文字サイズを選択すると便利です。視認性の高いものを選択し、遠くからでも見えるようなものが良いでしょう。
レイアウトや文字の色などを含めて、分かりやすい文字サイズが大切です。
最適なサイズにすることによって、スムーズに利用者を誘導することができたり、告知や集客アップに利用することができます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です