大型パーキング看板製作の際は解像度に注意

パーキング看板を製作するポイント

パーキングを作ったら、パーキング看板を設置する必要があります。
具体的には、パーキングの場所を案内するためのものや、パーキング内に設置する利用方法や注意を書いたものなどが挙げられます。
目的に合わせて、適切なデザインや大きさ、形のものを選びましょう。
また、目的に合わせて目につきやすい場所に設置する必要もあります。

その時に重要になってくるのが、パーキング看板の見やすさです。
見やすさを重視するなら、文字の大きさや明るさ、色合いの他に解像度に注意する必要があります。

解像度とは画像を構成する画素の密度のことを指します。
密度が濃ければ濃いいほど、画像の細かいところまではっきりと見ることができます。
一方で、解像度の高いイラストや画像はそれだけ印刷に手間やコストがかかるので、特に大型看板を印刷する際には注意が必要になります。
パーキング看板を製作する場合は、必ずしも解像度を高くする必要はありません。

目的に合わせて解像度を決めましょう

パーキング看板は、目的によって内容が異なります。
パーキングの場所を案内したり、誘導したりする大型看板を作製するなら、解像度は高くなくても目的を果たすことができます。
span style=”color: #ff0000;”>例えば、パーキング看板に矢印を大きく印刷したり、大型看板に名前を印字したりする場合は、単純な図柄で目立つデザインの方が有利です。
解像度を高くしてしまうと、大型看板の場合は返ってコストがかかってしまうことになりかねません。

一方で、利用者への注意事項や、利用方法についての大型のものを作製して設置する場合は、解像度を調整する必要があります。
文字の見やすさは、解像度によって大きく変化するからです。
見やすくてわかりやすいパーキング看板にするためにも、解像度を上げて印字する必要があります。
このように、見せたい内容や看板の目的にあわせて解像度を決めることで、かかるコストを調整することができます。
そうした点に配慮して、デザインを決めてください。

まとめ

パーキング看板を作製する場合は、デザインや大きさの他に印刷する際の解像度もポイントになってきます。
大きな看板を印刷する際には、手間がかかったり材料が多く必要となるなどそれだけのコストがかかってしまうからです。
製作するためのコストを抑えるだけでなく目的にあわせたものを設置するためにも、それぞれの内容にあったデザインと印刷する際の解像度を考えましょう。
利用客の目線でチェックしてみてもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です