大型のパーキング看板を自作!適切なサイズとは

この画面は、簡易表示です

看板作成

大型パーキング看板のサイズの基準と決め方

視認距離が重要なポイントです

大型パーキング看板を設置する場合、パーキング看板までの視認距離について把握しなければいけません。文字のサイズを決めるポイントは距離感で、設置する大型パーキング看板とクライアントや通行人との距離に対応した、最適なサイズを選択することによって視認性の高いものを設置することが可能です。遠くからでも見てもらうなら、小さい文字では見えません。しかし必要以上に大きなサイズにしても、かえって見づらくなるでしょう。
屋外の場合は夜になると暗くなるので文字が見づらくなり、雨の日や強い日差しの時も視界が悪くなり大型パーキング看板の視認性が変わるような要素がいろいろあります。明かりがつく大型パーキング看板があり、そのような場合は看板のレイアウトや色などを含めて、視認性を確保できるサイズが重要です。
設置する大型パーキング看板までの視認距離について、理解することがポイントになるのです。きれいに作った看板が小さく見えないケースが起こらないよう注意しましょう。

距離に応じて最適なサイズがあります

距離毎の最適な文字サイズが重要で、ガイドラインによると視力が0.5を想定しておき、一定距離を離れた場所から文字を視認できるかにより、必要な大きさを定義付けしています。近い場所から長い場所まで看板から離れる毎に、どの程度大きくするのが良いか把握することが可能です。例えば視距離が遠い40mの場合、案内用図記号の基準枠寸法は480mm以上になります。
標識における通行人や利用者などが判断できる適切な大きさについて、距離別に纏めたデータを参考すると良いでしょう。距離に応じた文字サイズが分かると、後は看板を選択するだけです。設置される看板がスタンドの場合、利用者は近い場所から確認することができます。袖看板やのぼり旗を利用する人もいますが、大型パーキング看板を作成するなら、通行人以外に車の運転手にも目立つようにしたいものです。遠い場所のイメージで設置するような看板に応じて、適切な文字サイズを選択することをおすすめします。

まとめ

大型パーキング看板を作成する場合、サイズに応じて最適な大きさがあります。看板を作成するのに視認距離が重要なポイントになり、通行人や利用者との距離に応じた文字サイズを選択すると便利です。視認性の高いものを選択し、遠くからでも見えるようなものが良いでしょう。レイアウトや文字の色などを含めて、分かりやすい文字サイズが大切です。最適なサイズにすることによって、スムーズに利用者を誘導することができたり、告知や集客アップに利用することができます。



大型パーキング看板製作の際は解像度に注意

パーキング看板を製作するポイント

パーキングを作ったら、パーキング看板を設置する必要があります。具体的には、パーキングの場所を案内するためのものや、パーキング内に設置する利用方法や注意を書いたものなどが挙げられます。目的に合わせて、適切なデザインや大きさ、形のものを選びましょう。また、目的に合わせて目につきやすい場所に設置する必要もあります。

その時に重要になってくるのが、パーキング看板の見やすさです。見やすさを重視するなら、文字の大きさや明るさ、色合いの他に解像度に注意する必要があります。解像度とは画像を構成する画素の密度のことを指します。密度が濃ければ濃いいほど、画像の細かいところまではっきりと見ることができます。一方で、解像度の高いイラストや画像はそれだけ印刷に手間やコストがかかるので、特に大型看板を印刷する際には注意が必要になります。パーキング看板を製作する場合は、必ずしも解像度を高くする必要はありません。

目的に合わせて解像度を決めましょう

パーキング看板は、目的によって内容が異なります。パーキングの場所を案内したり、誘導したりする大型看板を作製するなら、解像度は高くなくても目的を果たすことができます。例えば、パーキング看板に矢印を大きく印刷したり、大型看板に名前を印字したりする場合は、単純な図柄で目立つデザインの方が有利です。解像度を高くしてしまうと、大型看板の場合は返ってコストがかかってしまうことになりかねません。

一方で、利用者への注意事項や、利用方法についての大型のものを作製して設置する場合は、解像度を調整する必要があります。文字の見やすさは、解像度によって大きく変化するからです。見やすくてわかりやすいパーキング看板にするためにも、解像度を上げて印字する必要があります。このように、見せたい内容や看板の目的にあわせて解像度を決めることで、かかるコストを調整することができます。そうした点に配慮して、デザインを決めてください。

まとめ

パーキング看板を作製する場合は、デザインや大きさの他に印刷する際の解像度もポイントになってきます。大きな看板を印刷する際には、手間がかかったり材料が多く必要となるなどそれだけのコストがかかってしまうからです。製作するためのコストを抑えるだけでなく目的にあわせたものを設置するためにも、それぞれの内容にあったデザインと印刷する際の解像度を考えましょう。利用客の目線でチェックしてみてもいいかもしれません。



大型パーキング看板製作にかかる費用相場

アームライト付きの看板は約14万円

夜間でも大型のパーキング看板を明るく照らしたい場合はアームライト付きの看板を利用すると良いです。費用相場は10万円から14万円程度で、通常のものよりやや高額ではありますが、夜間でも視認できるので集客効果は高いです。
アームライトで大型パーキング看板を照らしてあると、夜間では目立ちやすく夜間外出中の利用者を集客できるので、パーキング看板の設置費用が高くてもすぐに元は取れます。ただし、メンテナンス費用が高く、ライトの電球が切れてしまうと交換作業を依頼する必要があるので収益の確保ができないパーキングエリアであれば避けたほうが無難です。パーキング看板を更に目立たせたい場合にはアームライト付きの看板は非常に有効ですし、大型のものであれば視認性も高いです。
個人で設置する看板よりも視認しやすい場所に設置されるので、パーキング看板のデザインは場所なども書いておくと集客の効果が高くなります。

壁面看板は4万円から5万円程度

壁面看板はパーキング看板には適さないことが多いですが、人通りの多い場所に設置することで効果が得られます。例えば、パーキングエリアの近くの壁に看板を設置することで車を利用する方に視覚的に訴えることができるのです。
またアームライト付きの大型パーキング看板と違って安価で大量に設置することができます。アームライトの電球が切れるなどのメンテナンス費用が高くなってしまう問題もありませんし、パーキングエリアの集客が振るわずに収益が確保しきれなくても安心です。
ただし壁面看板は強度に問題がある場合もあります。アルミのフレームが取り付けられているものであれば長期間設置することは可能ですが、費用の相場は5万円から6万円程度になります。大型のものであれば更にお金がかかることが多いため、夜間でも集客が期待できるアームライト付きのものか周囲が明るい場所に設置することで集客効果を高めることが重要です。

まとめ

大型のパーキング看板を設置する場合は主にアームライト付きのものか、壁に取り付けることで設置できるものの二種類があります。他にも野立ての看板もありますが、夜間でも集客を得たい場合や周囲が暗くて視認性が悪い場合はアームライト付きのものが有効です。10万円から15万円程度で設置まで行うことができますが、メンテナンスに更に費用がかかる点にも注意しましょう。電球の交換作業は専門業者に依頼しなければ行うことはできないからです。



大型パーキング看板の価格は何で決まる?

パーキング看板の作成にかかる費用

パーキング看板は駐車場を利用者に案内する為の看板で、利用者に駐車場の位置を案内したり、料金を案内する役割を果たします。パーキング看板が設置したある事で利用者に分かりやすく位置を教えるだけでなく、集客効果も得られます。パーキング看板を作成する費用は看板のデザインや大きさいよって変わってきます。
比較的簡単なレイアウトで構成されたデザインなら安価に作成できますが、細かなレイアウトを組み合わせて作成されるものだと費用が高くなっていきます。同じようなデザインでもあらかじめ使用する画像データやレイアウトのイメージを用意して、業者に提供した方が価格を抑えやすいです。
パーキング看板のデザインによっても価格は変わってきますが、看板が大型化するのも価格が上がる要素の一つです。作成費を抑えるのも重要ですが、大型の看板が必要なのに小さいサイズにしたり、デザインをコスト削減の為に変更すると設置の効果が減少する事もあるので注意が必要です。

看板の設置にかかる費用

パーキング看板を導入する時は作成費用もかかりますが、看板の設置費用も必要になります。大型の物になれば現場への運搬も現場での設置作業も大変になるので、作業量の価格も高くなる傾向があります。高所に設置する場合は足場の費用が高めになる可能性もありますし、大型で重量のある看板だとクレーンなどの重機の手配にコストがかさむ分だけ費用がかかります。それ以外にも現場が特殊な環境であったり、看板が大型でスペースが限られている場合に現地調査などを事前にする必要が出てくる可能性があります。その場合は調査にかかる費用も依頼主の負担になります。何もない場所にパーキング看板を設置する時は関係ないですが、古い設置物などがある時は撤去費用も追加でかかってきます。看板を設置する費用も業者によって少しずつ差があるので、一つの業者だけに相談するのではなく、複数の業者に相談して見積もりを比較して選ぶと良いです。

まとめ

パーキング看板の作成にかかる費用が看板の大きさやデザインで変わります。看板がより大型化するほど価格は上がりますし、デザインも複雑化するほど費用が多くかかります。パーキング看板を導入するには看板の作成費用とは別に設置費用もかかります。設置にかかる費用は看板の大きさや設置する環境で違ってきます。看板の作成も設置も業者によって費用に差があるので、複数の業者に見積もりを出してもらって比較して検討すると良いです。




top