写真の心得。どれが正解で不正解かは、電話占いやおみくじのように。

写真は空間を切り取り一瞬の現実だけを映すと言いますが、
いろいろな写真家の方がいるように、その言い分も様々です。
先ほど一瞬を切りとると言いましたが、
ある人は写真は最小単位の動画だともいいます。
むしろ想像力だけでいえば、終わりのない映画だとも。
また、普通は現実を映すものだと思いますが、
ある人は虚構を作っているともいいます。
どれが正解で不正解かは、電話占いやおみくじのように、
恐らくないのですがプロでなくとも写真家として
写真に対して思うことが何か一つあっていいと思うのです。
それが独自の写真になると思います。