腎不全の治療が必要だったらしい

腎機能が慢性的に持続する状態を慢性腎不全ととらえ、
早期より治療を開始します。
それによって血管疾患や末期腎不全への移行を抑制することができます。
腎疾患、糖尿病、尿路結石、高血圧、膠原病などの
リスクファクターを持っている人は腎不全治療を計画的に行うことが大切です。
腎不全で人工血液透析が必要だと言われれば
もう命は長くないように思う患者さんも多いのですが、そうではありません。
患者のAさんは趣味の写真を楽しんでおられます。
一眼レフカメラを片手に旅行もできます。
週3回4時間ほどの透析に通う必要や、減塩や低カリウムの食事など
気を付けるべきことはありますが、それ以外は透析をする前と
変わらない生活を送っておられます。
しかし、残念なのは早期から慢性腎臓病として検査で経過を追跡してもらい、
きちんと治療を受けるべきでした。
そうしていれば、透析も回避できたのにと、悔やまれます。

便利屋さんに教えてもらったテクニック

便利屋というと、「幅広い知識を浅く持っているのだろう」
と思っている人も多いと思います。
しかし、便利屋さん達は時に専門業者並、
またはそれ以上の知識すら持っています。
それは、もちろん専門業者に対抗できないと仕事にならない
という時代だからでもありますが、
お客様の期待に応えたいという便利屋さん達の素晴らしい善意なのです。
そんな便利屋さんに教えてもらったデジタル一眼レフカメラで
写真を撮るときにできるちょっとした工夫で
きれいに写真を撮ることができるテクニックですが、
「ISO感度をわざと下げる」のです。
こうすることで、感度が高い時に比べてノイズが低減されて
拡大しても写真がきれいに撮れていることがわかります。